忍者ブログ
タクシー運転手の思ったことをカキコしていきます。また、投資に応用できる情報もあれば掲載していきたいとおもいます。
[78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69] [68]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

明けましておめでとう御座います。運ちゃんです。

いやー、一般の方は正月休みを明けて、仕事が始まった段階で、まだ体のほうが、調子が出てない方も多いと思います。タクシー運転手のほうは通常、正月も盆も関係ありませんから、ローテーションによる勤務が続いてました。

それでも、正月だというので、運ちゃんは、お世話になった、前のタクシー会社に挨拶に行ってまいりましたが、そこで馴染みの運転手のMに会って、思わぬことを聞かされました。  

それは

運転手M
「おい、知っているか?運転手のEさんなんだけど、脳梗塞で自宅療養していたのが、最近また出勤してきてな、またハンドル握っているよ。」

運ちゃん
「えっ、私が会社辞めた時には、病院に入院していたEさんですか?元気になったんですか?」

運転手M
「いやー、元気になったようなんだけど、ちょっとマズいことがあってさ、会社もよくまた運転手やらしていると思うよ。」

運ちゃん
「えっ、何か問題でもあったんですか?」

運転手M
「それが、Eさんよ、医者にも運転は問題ないとの診断は受けているらしいんだがよ、実は計算能力を無くしちまっているんだよ!!だからよ、一日の業務終えて帰って来ても、足し算も引き算も掛け算もできないから、営業日報の記入さえできないんだよ。」

運ちゃん
「うわっ、それは大変な問題ですね。」

運転手M
「俺も最初にEさんが白紙で運転営業日報を事務所に提出したのを見た時は、びっくりしたんだよ。脳梗塞を患う前は、キチッときれいな字で運送収入計算して記入していたEさんがだよ、、、。脳の病気は怖いねぇ。」

運ちゃん
「それなのに、会社は運転手させといて大丈夫なんでしょうか?」

運転手M
「さっきも言ったように、医者からは運転は問題ないとの診断を受けているから、会社もやらせているんだけど、どうも医者は、Eさんが簡単な計算ができなくなったということを知らないらしいんだよな。言葉を話すほうは、語尾がはっきりと発音できないくらいで、余り普通の人と変わらないくらいできるからさ。」

運ちゃん
「へー、そうですか。それじゃ、運転営業日報などは会社の人が代わりに記入したりしているんですか?運転と会話に関して問題がなければ、余り運転の仕事に支障はないと言う事ですか?」

運転手M
「ところがよ、日報は事務所の人間がやるから問題ねえんだけどよ。問題はお客に渡す釣銭が計算できなくて困っているんだよ!!!いや、実際には、渡す釣銭が少ない場合は、お客さんが「運転手さん、お釣り違っているよ。〇〇円だよ。」と指摘があるので、そこで対処しているらしいんだが、問題は、お釣りを多く払い過ぎてしまって、最後の売り上げ金の納金の時に、お金が足りなくなって困ってんだよ!!」
「こないだなんか、おばあちゃんが、会社の事務所に「お宅のタクシーに乗ったんだけど、お釣りがちょっと多くて、悪いと思って返しに来ました。」とかいう件まで発生してさ、なんでも2800円くらいの距離で利用して、五千円札で支払ったら、4200円もバックしちゃったとかで、逆に親切で正直なおばあちゃんに手間を取らせちゃったんだよ。」

運ちゃん
「えーっ、そんな件まであったんですか!それじゃ、本来なら運転手の仕事を続けるのは難しいですよね。」

運転手M
「だけどよ、会社は儲かればそれでいいとしか考えていないしよ、最近運転手を痛めつけ過ぎて、運転手の収入が非常に低いと新聞・テレビなどで有名になっちゃったから、より多くの運転手を集めようとしている会社にとっても、なかなか集まらなくなってきたらしいぞ。」

運ちゃん
「まあ、それは自業自得ですしね。
ただ、Eさん、毎日売上金が合わなくて、しかも足りないほうだから、どうしているんでしょうね?」

運転手M
売り上げが足らない分は、自分のお金で埋め合わせられているらしいぞ。会社もあくどいよ。脳梗塞の後遺症で計算できなくなっている人が、金額が合わなくなったからって、自分のお金を払い込ましているんだからよ。」

運ちゃん
「こういうのは、問題にならないんでしょうかね?」

運転手M
「そのうち、お釣りが足らないほうの問題で、客から国土交通省に報告が行くんじゃねえの?それにEさんにとっては、借金もあり、働いて返済しないといけないようだし、周りの運転手がどうこうしろ!とかいう問題じゃないしね。
会社と本人が対処するべきことだよ
それにしても、運転手と言う仕事は健康に悪いねえ、Iさんも心筋梗塞で入院しているし、慢性肝炎の人なら、そこらじゅうにいるし、Wさんは、難病のX病だし、メタボリックの人なんて、殆ど全員だし、そういう状況でも、他に行く所無い者が、奴隷のような待遇で働かせれている職業だよ。タクシー運転手は。」

★いやー、Eさんが脳梗塞で、そんな重大な後遺症を抱えつつも現場に復帰しているとは、知りませんでしたEさんには、悪いですが、本当にこのままやらせていて大丈夫なのか?会社は計算できない障害を知っていて、何の処置も取らなくていいのかな?と疑問に思いました。当然のことながら、お客さんのほうにも、お釣りが少ないなどの迷惑を掛けている可能性も高いわけですからね。



PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
紹介
紹介2
カテゴリー
最新CM
[07/05 wc]
[09/16 同志]
[09/15 うっちゃん]
[11/11 taxidriver]
[11/08 事情通]
プロフィール
HN:
タクシー運ちゃん
性別:
男性
職業:
タクシードライバー
趣味:
投資・将棋
自己紹介:
暢気なタクシー運転手。運転手やっていて色々とお客さんに教えてもらったことや、感じたことをカキコします。
バーコード
ブログ内検索
交通安全関係
ゲーム
ゲーム2
防犯グッズ
フリーエリア