忍者ブログ
タクシー運転手の思ったことをカキコしていきます。また、投資に応用できる情報もあれば掲載していきたいとおもいます。
[43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうもです。今回取り上げるのは、「個人タクシー試験」についてです。

個人タクシーと言えば、我々タクシー会社勤務のタクシーから見れば、夢の夢。年収が一気に三倍近く増える(と言っても、場所によりますが600万円/年収くらい)ので、試験に受けられる条件なら、すぐにでも受けたい試験です。

さて、この試験ですが、実は非常におかしな試験です。それは、何かと言うと、ある運転手のいつも駅付けしている駅とは関係のない、とんでもない場所について答える地理試験があるからです。

例えば、横浜駅に付けているドライバーが、個人タクシーの試験を受けると、緑区の中山駅周辺の質問が出たり、平塚市周辺でやっている運転手に、座間駅周辺の地理を尋ねたりと、実用上意味の殆どないことばかりの試験なのです。

たしかに深夜たま~に、遠くの方へ行く事はありますけど、タクシー運転手に求められるのは、例えば、「ここからだと、R467藤沢街道を通って、○○経由して、何処何処方面まで行って、目的地の市町村に入ったら、お客さんに尋ねる」もしくは、カーナビの指示通りに走る(もちろんお客さんに断ってから)などを求められているだけで、何も平塚周辺の運転手に、座間市のとても小さい公園の地理を知って欲しいとは、お客は求めていない訳です。また、運転手も試験が終わったら忘れています。(笑)

この辺りが、とてもお役所的で通っていて、なるべく受験者を落として「個人タクシーになれる人を少なくしよう」という魂胆が丸見えなのです。

まあ、それというのも、年収250万くらいの運転手が個人タクシー運転手になると、突然王侯貴族(年収600万くらい)になってしまうので、簡単だと皆個人タクシーになるので、とても困るわけです。もちろん、困るのは、タクシー会社天下り先の一つとして確保しておきたい国土交通省と、タクシー会社からの政治献金期待している議員さんに他なりません。

★彼らの言い分は、個人タクシー試験を難しくしないと、質の悪いドライバーばかりになってしまうので、試験や受験資格を難しくしている」というのが言い分です。
しかし、私から見ると質の悪い原因は、歩合給で生活保護より給料が少ない事にあるのに、無線でとんでもない所に呼び出されたり、会社の都合で事務所勤務にさせられたり(歩合給なので、収入0。ただし、対外的には支払っているように帳簿を合わせている。)と、需給を無視した歩合給に原因が有ります。

質の悪いドライバーが原因なら、個人タクシーの参入は簡素化して、問題や苦情が多い個人タクシーは、免許を取り上げればいいだけの話ですからね。
個人タクシー試験の問題から見ると、自民党の方は、「自由化により、既得権益の打破により経済活性化させる」とか言ってますが、実は自分たちの既得権益は、しっかり守りたいみたいですね。(笑)
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
紹介
紹介2
カテゴリー
最新CM
[07/05 wc]
[09/16 同志]
[09/15 うっちゃん]
[11/11 taxidriver]
[11/08 事情通]
プロフィール
HN:
タクシー運ちゃん
性別:
男性
職業:
タクシードライバー
趣味:
投資・将棋
自己紹介:
暢気なタクシー運転手。運転手やっていて色々とお客さんに教えてもらったことや、感じたことをカキコします。
バーコード
ブログ内検索
交通安全関係
ゲーム
ゲーム2
防犯グッズ
フリーエリア